PROFILE

新崎 洋実(あらさき ひろみ)

沖縄県出身。3歳よりピアノをはじめる。

沖縄県立開邦高等学校芸術科音楽コースを経て、沖縄県立芸術大学音楽学部器楽専攻ピアノコース卒業。西銘順治賞受賞。大学在学時には、沖縄県立芸術大学オーケストラ定期演奏会において、梅田俊明指揮、同大学オーケストラと、E.マクダウェルのピアノ協奏曲第2番を協演。

大学卒業後、沖縄県国際交流・人材育成財団派遣国外留学生として渡仏。

パリ地方音楽院(CRR de Paris)最高課程演奏家コースを、審査員満場一致の一等賞で卒業、コンサートディプロマ・上級音楽研究資格を取得。

 

これまで、レオポルト・べラン国際コンクール第1位。パドヴァ国際音楽コンクールピアノ部門第1位、全部門にて第2位。おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション優秀賞など、国内外のコンクールにて入賞。

ソロのみならず、アンサンブルピアニストとしての共演も多く、小物楽器を使った演奏や、創作ダンスとのコラボレーション、全国各地の学校や地域施設でのアウトリーチ活動など、精力的に活動を展開している。

 

また、2010年よりピアニスト新崎誠実とのデュオ活動を本格的に開始。

「ピアノデュオ新崎姉妹」として、日本各地でリサイタルやコンサートに多数出演。

ブレストピアノコンクール(仏)連弾部門、審査員全員一致の一等賞・称賛付の最高賞を受賞。サンハート・アンサンブルオーディション最優秀賞、および聴衆賞。

1st CD「連弾日和〜4 hands days〜」がStudio N.A.Tより発売中。

これまでピアノを、大宜見久仁子、大宜見朝彦、森山恵子、岩崎セツ子、オリヴィエ・ギャルドンの各氏に、室内楽をマリー=フランス・ジレ氏に師事。 

現在、帝塚山大学非常勤講師。

​豊中市立文化芸術センター・とよなかアーツワゴン第1期レジデントアーティスト。

タイトルとURLをコピーしました